熱中症に注意しましよう!

こんにちは!すもん通り介護員の星野です。

毎日暑い日が続いています。

利用者の皆様に少しでも水分を摂っていただくために、ポスターを作って注意を呼び掛けています。

まだまだ暑い日がつづきますが、みなさんも水分を摂って元気に過ごしましょう!

栃尾高校生より贈り物

 

先日、地元「栃尾高校」で生活と福祉を選択している生徒さんたちが
たくさん来苑し、利用者さんたちとの触れ合いの時間を持って下さいました♪

 

プレゼントに手作りのカレンダーとブックマーカーをいただきました。

 

夏らしい雰囲気たっぷりのカレンダー
栃尾の生地で手作りしたブックマーカー
どれも素敵なプレゼントです。

ありがとうございます♡

利用者さんたちにも良い刺激となる時間でした。
またいつでも遊びに来て下さいね!!

7月の行事!

 

こんにちわ。おおの苑 介護員の佐藤です。

7月24日(火)に外食ツアーで長岡の「一作」に行ってきまし

た。今回は男性のみの参加!!

メニューが豊富で迷いました。

皆さん完食!!

男同士の会話に花が咲きました(*^0^*)

そして…

午後からは、中野俣芸能保存会の皆様が訪問され「広大寺」を披露

してくださいました。

利用者様も私たち職員も初めて踊りを見る方が多く、とても感動し

ました!

利用者様から「初めて見たけど、とてもよかった。」

「すばらしかった!やっと見ることができてうれしかった」と

喜びのお声をいただきました。

(広大寺について)

中野俣の広大寺は元禄年間に十日町市にある広大寺というお寺の

和尚を追い落とすために、うわさをねつ造して唄い踊られたものと

されています。当地方に伝わったのは150年以上も前で、瞽女

(ごぜ)さんによって神楽の踊りの中に組み込まれ伝承されてきま

した。

幕末より戊辰戦争などの影響もあり、長期にわたって中断されまし

たが、100年前明治の初期に金内栄蔵、林多十郎等の地域の人た

ちが発起して魚沼三島を歩き、苦心の末再興して今日に至っていま

す。現在は保存会もでき、地域の伝統芸能として大切にしていま

す。